一般的な神棚のまつり方

■ 神棚を設置する

  • 居間や客間など家族の親しめる明るく綺麗な部屋の天井近くに南向きまたは東向きに設置するのが一般的です。
  • 神棚は工務店に設置してもらうか、日曜大工用品店などで材料を集めて設置しましょう。神具店に相談するのもよいでしょう。

■ お神札の順位

  • 三社づくりの宮形(左図)は中央に神宮大麻(天照皇大神宮)、向かって右に氏神様、向かって左側に崇敬する神社や旅先などで受けたお神札を納めます。
  • 一社づくりの宮形(右図)は、手前から順にお札を重ねて納めます。

■ 神棚がない場合のまつり方

  • タンスや本棚の上などを整えて綺麗な敷物を敷いておまつりしましょう。 宮形が置けない場合は、お神札のみを立てておまつりする方法もあります。大切なのはおまつりする心ですから、出来るところから工夫してみましょう。
  • ▲ページトップへ戻る▲

家庭のお参り、神社のお参り

■ 神饌(お供え)の供え方

  • 毎朝お供えするのが望ましく、普段はお米、お塩、お水の三品を基本に図のようにお供えします。初物や季節の食べ物、いただき物なども、まず神様にお供えしましょう。

■ 二拝二拍手一拝

  • 神社でも、家庭でも、神さまにお参りする際は、二拝二拍手一拝の作法で行います。特に家庭では、毎日欠かさず、家族揃ってお参りしたいものです。

    [参拝の作法]
    1姿勢を正してから腰を深く曲げ、二回拝をします。
    2胸の前で両手を合わせ、右手指先を少し下げ、二回手を打ちます。
    3もう一度拝をします。

■ 手水の作法

  • 私たちの祖先は、神社にお参りをし、あるいは「お祭り」を奉仕して、お陰をいただくためには、先ず自ら「心身の清浄」につとめることを、必須の条件と考えていました。私たちも参拝の前には、手水舍(てみずや)における「手水」にて心身のお清めを行うことが最も大切です。

     1.手水舎に向かい柄杓を右手で取り、まず左手を濯ぎます。
     2.柄杓を左手に持ち換えて、次に右手を濯ぎます。
     3.柄杓を右手に持ち換えて、左掌に水を注ぎ、その水で口を濯ぎます。
      そして残りの水でもう一度左手を濯ぎます。
  • 動画が表示されていない方はAdobe Flash Playerをインストールしてください。

■ 参拝作法

  • 拍手は柏の葉のように両手の指を揃えて打ち合わせるので、一般には柏手(かしわで)を打つなどといわれています。神前で打つ柏手も、神さまに誠の心を捧げお陰をいただくことに心から感謝して打つものです。拝(はい)もまた今日では敬礼作法の一つとして行われていますが、普段の生活の中でも、感動や感謝の表現として、無意識のうちに行われています。
     神社での参拝方法は、二拝二拍手一拝を基本としていますが、神社によっては特殊な拝礼方法を行うところもあります。

    1.まず二回深く頭を下げます(その深さは腰を90度に曲げる程度が美しいといわれています)。
    2.二拝したあと、胸の前で両手を合わせ、右手を少し下にずらして二回手を打ちます。
     二拍手のあと、両手の指先を揃えて、祈りをこめます。
    3.最後にもう一回深く頭を下げます。
  • 動画が表示されていない方はAdobe Flash Playerをインストールしてください。

■ 玉串奉奠の作法

  • 神社で祈願するときやお祭りをおこなうときには、神さまに玉串という榊(さかき)の枝を捧げます。玉串は、みずみずしい榊の枝に木綿(ゆう)、紙垂(しで)といわれる麻や紙を取り付けたもので、私たちの祖先は遠い昔から、榊に神々を招き、また神前に榊を供えてお祭りを行ってきました。神前に進み、玉串を通して自らの誠の心を捧げて、神さまのお陰をいただきましょう。

    1.玉串を胸の高さに捧げ持ち、案と呼ばれる机の前に進み一礼します。
    2.玉串を時計回りに九十度回し、縦に持ちます。
    3.左手を下げ両手で玉串の根元を持ち、祈りをこめます。
    4.さらに玉串を時計回りに回して、根元を神前の方へ向けます。
    5.玉串をそのまま案の上にお供えし(置き)ます。
    この後二拝二拍手一拝の作法(前述)でお参りします。
  • 動画が表示されていない方はAdobe Flash Playerをインストールしてください。
  • ▲ページトップへ戻る▲

お神札の納め方

■ 1.神社でお神札をいただいたら

  • ご自宅や会社などに持ち帰って神棚におまつりしましょう。

■ 2.手と口をすすぐ

  • 自宅でお神札をおまつりする前に水で手と口をすすぎ清めます。

■ 3.お神札を取り出す

  • 神饌のお下がり(米・酒・菓子など)は自宅でお召し上がりいただき、縁起物は神棚にまつります。その他の撤下品(お下がり)があればご自宅でお使い下さい。

■ 4.薄紙をはがす

  • 薄紙に包まれている場合は、包装紙ですから、はがして宮形に納めますが、尊いお神札ですから、はがさず、着けたままでも構いません。

■ 5.宮形にお神札を入れる

  • 扉を開きお神札の正面が手前を向くように納めます。※前述の「お神札の順位」に従って納めます。
    宮形によっては扉や背面などが外れ、納めやすくなっている物(右図)もあります。

■ 6.扉を閉める

  • 扉を閉めて神棚に宮形を納めて出来上がりです。 扉は年末またはお正月に新しいお神札と取り替えるまでは基本的に閉めたままでよいでしょう。
  • ▲ページトップへ戻る▲