よくあるご質問

  • Q:なぜ毎年お神札を新しくするのですか?

  • A:毎年、家の大掃除をして新たな気持ちで正月を迎えるように、より生き生きとしたお力をいただき、新たな気持ちで一年を迎えられるように新しく受けなおします。古いお神札は一年間の感謝の気持ちを込めて氏神さまにに納めましょう。
  • Q:神棚にいろいろな神社のお神札をおまつりすると神さまがケンカしませんか?

  • A:日本では昔から八百万の神というように、たくさんの神さまが協力し合って私たちを守ってくださっているので、ケンカすることはありません。
  • Q:神棚と仏壇は同じ部屋でもよいのですか?

  • A:同じ部屋でもよいでしょう。一般的には、神棚と仏壇は横並びか上下に少し間隔をあけて設けます。上下の場合には神棚を上にまつります。また、お供え物は別にしましょう。
  • Q:神棚にお寺のお札をまつってもよいのですか?

  • A:一般的には、お寺のお札は仏壇がある場合には仏壇に、ない場合には神棚の隣などにおまつりします。
  • Q:家に不幸があった場合はどうすればよいのですか?

  • A:地方によって差がありますが、今日では一般的に五十日祭(仏式では四十九日)が終るまで神棚のおまつりを遠慮します。
  • ■山口県神社庁ホームページ動作確認環境

  • 快適にご利用していただくために下記の動作環境を推奨しています。

    OS:Windows 7以上

    ブラウザ:
    Internet Explorer 10以降
    Google Chrome 48以降
    FireFox 44以降

    JavaScriptの設定を有効にして下さい。

    Adobe Flash Player (無料)が必要です。

    PDFを閲覧する場合Adobe Reader(無料)が必要です。